愛犬との毎日を楽しくする情報

野生のイヌは、大勢で生活し、協調して獲物を引っ捕え、大群内の社会的順位にそって獲物を分かち合って食べていました。

獲物を毎日捕らえられるとは限らないので、いっせいに大量の食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。

ニャンコは大体自分の感情で触られるのを好むので、ダラダラとなでられるのを嫌がります。
また、触られるのが大好きなねこでも、ダラダラとされるとコミュニケーション嫌いになってしまうことがあるので、なで方のポイントを把握しておきましょう。
イヌのおもちゃの大部分は、飼い主が一緒でない時に与えてしまうと非常に危ないです。とくに布で出来ているおもちゃは、手もなく 破損してしまい、わんわんだけの環境の中であげてしまうと、食べる気がなくてもなんなく飲み込んでしまうことがあります。

キャットにご飯をあげても食べずに、砂をかけるような仕種をしてばらまく。

ご飯が好きじゃないの?と心掛かりになってしまいますが、これはキャットの本能による行動で、この特色は排泄物だけでなく、酷似したニオイに対しても現れるのです。一群で生活を送るワンコにとって飼主はボスですが、本来単独で生きるねんねこにはそういう認知はありません。ねこにとって飼い主とは、ひと言でいえば、いろんなことをしてくれる気安い同居人という気分でしょうか。

ワンコたちには住居を選んだり、好んで食べるものを選んだり、トライしたいことをいつでも好きな時にするなどの自由が全くありません。飼主に出来ることといえば、言葉に出すことができないいぬの身になって人生を全うさせてあげることが大切です。いぬが病気にかかってしまったときは、その状態の改善方法や進行を遅らせるためにも、動物病院で販売されている特別療法食をあげることが必須となります。これは任ではありませんが、イヌに長く生きてほしいと思えば、特別療法食を与えることが現状態では間違いない選択です。
ワンワンは人につき、ニャンニャンはお家につくと伝えられていますが、これはネコが自分の島を他の何よりも大切にし、環境の遷移を受け入れられないことを語った言葉です。猫のこの稟質は、野生時代から養われたルールです。怱怱たるときに限ってというのはにんげん所論で、ニャンニャンにはそんなつもりは毛頭ありません。

そわそわと動きまわる飼い主の足に狩猟本能が乱されて、ついべたべたしたり、飛びかかったりしてしまっただけのことです。人間と同じように、わんこにも栄養のバランスは本当に重要で、ドッグフードのクオリティーは値段だけで選ばれるわけではなく、高いからクオリティが良い、安価だから悪い、というわけではありません。飼主さんはそのドッグフードの中に、どんなものがどのくらい入っているかを認識しておかなくてはいけません。ニャンコ同士にも相性があります。野生のにゃんにゃんの場合は縄張りが大きいので、好みではない相手がいれば交わることを掻い潜れられますが、限られた空間で暮らしている室内飼い猫の場合はそうはいきません。
日没や夜遅くなると部屋中を強烈なスピードで騒ぎまくったり家具の上に駆け乗ったりするネコはすくなくありません。ストレスや運動不足が原因の異様な行動ではと不安を感じる方もいると思いますが、これは多くのキャットに見られるごく自然な態度です。野生では元気がない動物はいち早く敵の食い物となるため、病み煩いやケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な地に隠れて快復を待ちます。この固有性はねんねこももっており、健康状態が悪くなると縁の下や物置などに身を被い隠すのでしょう。

にゃんにゃんは多方面にわたる表情や動き、ボディーランゲージを活かして、わたしたちに呼び掛けています。ネコとのコミュニケーションを楽しむために、キャット語きちんと汲みとりましょう。

状態が悪いわけでも、事情が変わったわけでもないのに大好物を急に食べなくなるケースも往々見られます。

ニャンコは食べ物にこだわりが強いものですが、自然界では常に同じ獲物に食べれるとは限らないので、往々違う食べ物を求めることもあります。

トイプードル カナガン